いわき市の外壁塗装・屋根リフォームならプロタイムズいわき店へ!

超低汚染プラチナリファイン2000MFの
メリット
  • 超低汚染性により、建物に汚れが付着するのを防ぎ、
    雨水で汚れが洗い流し、美観を保持します。
  • 期待耐用年数21〜26年相当。フッ素塗料を凌ぐ超耐候性で、
    紫外線などの劣化要因から建物を長期間保護します。
  • 特殊遮熱無機顔料の使用により、
    優れた遮熱効果を発揮し、
    熱による塗膜の劣化を防ぎます。
  • 熱を吸収する要因である
    汚れを定着しにくく、
    長時間にわたって
    遮熱効果を持続します。
最大の特長は、業界最高水準の
外壁の美観を保持する力。
無機成分(特殊強化剤)を配合しているため、
超親水性(水がなじみやすい性質)に
富んだ塗膜を形成します。
これにより、
汚れが付着してもその汚れを雨水が洗い流し、
外壁の美しさを長期間保持します。
親水性が発現するまで 2 ~ 3 カ月程要します。

汚れの付着を防ぐ
無機成分をフッ素樹脂の
表面に固着させることにより、
帯電性の低い粘膜を形成するため、
粘膜の汚れが付着するのを防ぎます。

付着した汚れを洗い流す。
無機成分(特殊強化剤)が持つ、
極めて優れた親水性により、
付着した汚れと塗膜の間に雨水が入り、
汚れを洗い流すため、
汚れを定着するのを防ぎます。

カビや藻の発生を抑え、長期間の美観保持に貢献。

「JIS Z 2911 かび抵抗性試験」
および「藻抵抗性試験*社内試験による」に
合格。美観の保持力の向上に
つながるとともに、
人体にも優しい塗料です。
“汚れ”は建物は美観を損なう原因。
だからこそ、建物がいつまでも美しく守れる
「低汚染性」が重要。

建物は汚れの原因に常に曝され続けています。

お住まいに外壁の汚れが気になる所は
ありませんか?
建物はホコリ・排気ガス・カビ。藻などの
美観を損なう要因に常に曝されています。
建物の美観を保持するために
「低汚染性」に優れた塗料を選ぶことで
建物の汚れを未然に防ぐことができるのです。

極めて高い低汚染性を誇る
超低汚染プラチナリファイン2000MFを選ぶことで,
建物をいつまでも美しく守ることができます。

塗料の汚染性を測定する防汚材料評価促進試験(I) ※1の結果、
他社の塗料と比較して、汚染性の指標となる明度の低下が非常に小さく、
低汚染性に優れていることが確認されました。
フッ素塗料が凌ぐ
超耐候性(耐用年数21~26年相当)を実現。
促進耐候試験(キセノンランプ式)において、
6500時間が経過した後も光沢保持率
80%以上を維持。(耐用年数21~26年相当)。
*あくまでも試験環境下における実測値であり、
耐候性を保証するものではありません。実際の自然ばく露環境下では、
下地の状態、施工方法、気象条件により耐候性は異なる場合があります。

劣化因子「ラジカル」の発生を抑える顔料を使用し、劣化の進行を抑制。
一般塗料の白色顔料「酸化チタン」は、
紫外線の影響を受けると、
樹脂の劣化因子「ラジカル」を発生させ、
周囲の樹脂を破壊、劣化させてしまいます。
ラジカルによる樹脂の劣化を抑える
シールド層を有する
高耐候型酸化チタンの使用により、
劣化の進行を抑制しています。
より優れた耐候性の実現のために
塗膜の劣化要因であるラジカルを捕まえる
HALS*の配合によって、劣化を抑制。
抑制しきれなかったラジカルを捕らえることができる
「HALS(光安定剤)」を塗料中に配合。(紫外線劣化抑制技術)
これにより、ラジカルによる樹脂の破壊、劣化を抑制し、
更なる耐候性の向上を実現しました。
*HALS:Hindered Amine Light Stabilizer(光安定剤)

紫外線による劣化が起こりにくいフッ素樹脂を採用し、耐候性の向上を実現。
「完全交互結合型フッ素樹脂」は、規則的な交互結合のため結合力が強く、高い耐候性を発揮。
加えて、劣化に強い無機成分(特殊強化剤)をフッ素結合に固着させることで、
更なる耐候性の向上を実現しました。
柔軟性と強度を兼ね備えた塗膜が
下地の動きに対応し、
表面にひび割れが起こりにくい。
超低汚染プラチナリファイン2000MFは優れた
「可とう性(柔軟性)」を持つ塗料です。
柔軟性を有することで、下地の動きにも塗膜が対応するため、
塗膜表面のひび割れが起こりにくく劣化の進行を抑えます。
優れた遮熱性により
表面温度の上昇を抑え、塗膜の劣化を防ぐ。

特殊遮熱無機顔料の使用により、温度上昇の主要因となる近赤外線を
効果的に反射する塗膜を形成。熱により塗膜が劣化するのを防ぎます。

*建物構造、断熱構造、開口部(ガラス窓等)の大きさ・数によって温度変化の程度に差がでます。

遮熱効果の高い、
特殊遮熱無機顔料の使用
一般的な塗料に使用される
カーボンブラックなどの顔料よりも
平均日射反射率が高い「特殊遮熱無機顔料」を使用。
この特殊遮熱無機顔料が近赤外線を効果的に反射し、
外壁の表面の温度上昇を抑える、
高い遮熱性を実現しました。

遮熱性比較試験

塗料が塗布された鉄板にランプを照射し、
表面の温度変化を比較する試験を実施。
一度塗料を83.7℃まで上昇したのに対し、
超低汚染プラチナリファイン2000MFは、
60.5℃。
約23℃の温度差が生じており、
優れた遮熱性を有することが確認されました。
超低汚染性により、
長期間にわたり遮熱効果を発揮し続ける、
高い「遮熱保持性」を実現。
一般の遮熱塗料は経年とともに
付着した汚れが熱を吸収するため、
徐々に遮熱効果が低下してしまいます。
超低汚染プラチナリファイン2000MFは、
塗膜表面が汚れにくいため、
汚れによる熱の吸収を防ぎ、
長期間経過しても、
遮熱性能を発揮し続けます。

遮熱保持性比較試験

防汚材料評価促進試験において、
洗浄後の日射反射保持率を計測。
その結果、他社の塗料と比較して
日射反射保持率が非常に高く、
遮熱保持性に優れていることが
実証されました。

超低汚染リファイン1000MF-IRの持つ性能に加えて、
耐候性を向上させたことで,
より『建物をいつまでも美しく守る』塗料に進化。
超低汚染プラチナリファイン2000MFは、HALSを配合することで耐候性を向上させ、
建物をいつまでも美しい守ることができるハイグレード塗料に進化しました。
お問い合わせ
  • ショールーム来店予約
  • お問い合わせ・見積もり
to top