いわき市の外壁塗装、塗り替えならプロタイムズいわき店へお任せください。

スタッフブログ

【いわき】 外壁凍害の例(藤本)

いわき市・双葉郡のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のプロタイムズいわき店です!

今回のブログを執筆させていただく藤本です!

いわき市、双葉郡での住宅、アパート等建物の

屋根塗装、外壁塗装でしたら

「プロタイムズいわき店」に是非お問い合わせ下さい!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

こんにちは!

プロタイムズ いわき店の藤本です。

寒暖差激しい今日この頃、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

比較的温暖ないわきでは酷い凍害症状を

見かけることは少ないのですが

家の北側窓の下が傷んだりしていないでしょうか?

 

シーリングの切れとか、内部結露だとか

原因は色々考えられますが、結局窓からの結露水が

壁をつたって流れ落ちる際に悪さをする場合が

最も多いと思います。

サッシ窓はもともと室内側の結露水を外に排出する溝が

ありますが、窓下の水切りは、そこから流れ出た水や

雨水を壁から離れたところに落とし

雨水が壁をつたっていかないように、

また、壁を汚さないように取付けられてます。

ただ、上の写真では窓下に水切りが設置されているのに

凍害が発生しています。これは、水切り設置面に隙間ができて

水滴が壁をつたってしまっている為に

起こったものです。

写真の家は中通りにありましたので、

冬場に水滴が凍っていました。

外壁につららができると、当然劣化を速めますし

折角塗装しても、凍ったときに塗装面を剥がしてしまいます。

上の写真では窓下のシーリングも古くなって

切れかけていましたので

そこから雨水や結露水が、

外壁の断面(表面と違い塗膜で保護されていない)に

浸透し、凍害を起こしていました。

窓下が傷んでいて、水切りが設置されていないお家は、

水切りをつけたほうがいいでしょうし、

ついているお家でも、効果的に設置されているかが

重要かと思います。

    外壁・屋根塗り替えお問い合わせはコチラ ↓↓

https://k-toso.net/contact/
いわき市で外壁塗装・屋根の塗り替えをお考えなら、

「プロタイムズいわき店」までぜひご相談下さい!

お電話番号はコチラ ↓↓

0120-38-352

福島県内では、郡山、福島、白河、那須塩原、

そして、いわきの各店舗で

皆様のお越しをお待ちしております!!

人気記事

屋根・外壁塗装は弊社にお任せ!

詳しく見る

to top